ブログ

BLOG

グローブメーカーについて掘り下げる・・・ミズノ編

野球ファンであれば、一度はミズノという会社名を耳にしたことがあるはず!
同社は野球用品だけでなく、様々なスポーツのアイテムを手掛ける日本が世界に誇る総合スポーツ用品メーカーなのですが、社名は知っていても実はどういった会社かよく分かっていないという人は少なくないかもしれません。
そこで以下では、野球ファンであればぜひ知っておいてもらいたいミズノの歴史やコンセプト、商品などを紹介します。

ミズノとはどのような会社?

はじめに、ミズノとはどのような会社なのかを見ておきましょう。

#社名変更の歴史

ミズノというのはブランド名に過ぎず、美津濃株式会社というのが正式な会社名です。
もっとも、一般的にはブランド名の方がよく知られていますので、以下では「ミズノ」という表記に統一します。
このミズノが誕生したのは1906年4月1日のことです。創業者である水野利八氏が、弟の利三氏とともに大阪で立ち上げた水野兄弟商店がミズノの始まりとなっており、当時は主に洋品雑貨や運動服の製造や販売を手掛けていました。
その後、1923年に美津濃運動用品株式会社、1942年に 美津濃株式会社へと社名を変更し、現在に至っています。同社は、単にスポーツ用品を手掛けるだけでなく、創業以来、スポーツ振興に力を入れており、国内外の大小さまざまな大会に協力しています。
そのような取り組みが、同社が有する高い技術力とともに評価され、今や押しも押されもせぬ世界有数の総合スポーツメーカーとして世界中で認知されるようになりました。

#「美津濃」の由来

創業者の名字が「水野」なのに、なぜ社名は「美津濃」という表記になっているのか気になる方がいるかもしれません。実はこれには理由があり、創業者である利八氏が自分の名字をそのまま社名にし続けるのは適当ではないと考えた際に、故郷の「美濃」の間に実家の材木問屋にちなんだ「津」という文字を入れた造語を入れることを思いつき、それをそのまま社名にしたのです。
なお、漢字では「美津濃」ですが、片仮名は「ミヅノ」ではなく「ミズノ」というのが正式な表記ですので、この点についても誤解しないようにしておきましょう。

#野球との関わり

ミズノは創業時から野球ボールの販売を行っていましたが、自ら野球用品の製造を手掛けるようになるのは、それから7年後の1913年のことです。はじめて作られたグローブには、今とは違う当時のミズノのロゴが貼られており、それを見ると時代を感じさせられます。
それ以来、同社は様々な野球用品の提供を通じて、野球の発展に貢献してきました。その努力が評価されて、1971年には創業者の水野利八氏が野球殿堂入りを果たしています。

ミズノが掲げるコンセプト

ミズノでは、人々がこれまで以上に豊かで快適に暮らせるようになるために、スポーツは大切な役割を担っていると考えています。
もっとも、スポーツが有する価値は、年齢や性別、身体能力、障碍の有無などによって異なっており、またスポーツの種類やプレーする人のレベルによっても様々です。
そこで、同社は、「一人ひとりを、今日も主役に。」というコンセプトを掲げ、スポーツを楽しむ一人ひとりが自らの夢や目標に向かって着実に歩みを進めることをバックアップするというスタンスを貫いています。

2018年に新たに採用された「REACH BEYOND」というスローガンも、まさにそのようなミズノの考え方が凝縮された言葉であると言えるでしょう。直訳すると「さらに一歩先へ」といった意味合いになりますが、この言葉に、夢や目標をかなえようとスポーツに真剣に取り組む人々に寄り添えるより良いブランドを目指すという同社の強い意志が感じ取れるのです。
同社の公式ホームページには、このスローガンにちなんだ数多くのアスリートのチャレンジが紹介されています。
それらのアスリートの挑戦をサポートすることでスポーツをこれまで以上に普及させていこうとしている同社の強い意気込みが感じられますので、ぜひ一度見てみると良いと思います。

ミズノが世界に誇る野球グローブ

#ミズノプロ

ミズノではグローバルエリートとは別にミズノプロというトップモデルを手掛けています。
このミズノプロは、グローバルエリートよりもさらに一段上のモデルでグローブ選びで重要になるのは、手のフィット感、軽さや形状などの機能性、耐久性の3つですが、ミズノプロは、この3つの要素を高いレベルで備えています。
素材にはこだわりぬいて選ばれた上質な革が使われており、軽量でありながら高い耐久性を有しています。その分、値段は高くなりますが、それに見合うだけの価値があります。
なお、ラベルには金の刺繍が施されており、一目でミズノプロと分かるのもこのモデルの特徴です。またミズノプロにはオーダーメイドに対応したラインナップも用意されています。詳細については後述しますが、既製品では満足できなかったり、世界で一つの自分だけのグローブが欲しかったりする場合は、思い切ってオーダーしてみるのも良いでしょう。

ミズノプロのオーダーグローブとそれを支える職人たち

#波賀工場の強み

ミズノプロの品質の秘密は、同社が兵庫県に有している波賀工場にあります。多くのスポーツメーカーがグローブの生産を外部のベンダーに委託しているのに対し、ミズノの波賀工場は同社の直営となっており、本社の目が届くところで徹底した品質管理を行うことによって、グローブごとの品質のばらつきを極力なくして、高品質の製品を安定的に供給できるようになっているというわけです。

また、それに加えて、熟練の職人を数多く擁しているというのも波賀工場が持つ強みの一つです。工場には、プロの野球選手から直接指名を受けるような優れたグラブ職人が何人も所属しており、少しでも質の良いグローブを作ろうと常日頃から互いに切磋琢磨しています。
ミズノプロのオーダーグローブは、そのような職人たちが丹精込めて一つずつ手作業で作り上げていますので、それを聞くだけでもいかに品質が優れているかが分かるのではないでしょうか。

グローブに迷ったらまずはミズノを選んでみよう

以上で見てきたように、ミズノはその創立以来、100年以上にわたって野球の普及に貢献してきました。数ある同社の製品の中でも、ミズノプロは多くのプロ野球選手や高校球児にも愛用されている優れた品質を有するグローブです。そのため、もしどのグローブを選ぼうか迷ったら、まずミズノ社の製品を選んでおけば失敗することはないでしょう。

これからお売り頂くみなさまへ

ピンチヒッターではミズノの野球用品の高価買取をさせて頂いております。

日本全国から送料無料!またお急ぎの方には買取代金先払いでも対応可能です。

LINEで査定は24時間受付中ですのでぜひ一度、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

LINE査定はコチラ